セブンティーン オーディション

ミスセブンティーンのオーディションに出た有名人

ミスセブンティーンオーディションには、過去にたくさんの芸能人・有名人が出場していますわーい(嬉しい顔)

グランプリや賞を獲った人もいれば、予選や本選で落ちてしまったものの、そこでスカウトの目目に留まりデビューしたひらめき人もいますexclamation
また、そこではチャンスがなかったものの、その他のオーディションなどでチャンスをもらい、見事にデビューした芸能人もいます手(チョキ)

グランプリを獲った芸能人の例としては、

■坂口良子 (初代グランプリ)
■松本典子 (プロ野球選手と結婚して引退)
■木村カエラ
■鈴木えみ(えみちぃ)

といった人たちがいます。

また、ミスセブンティーンになれなかったものの、デビューの機会を与えられたのは、

■松田聖子 (九州大会優勝⇒本選辞退⇒スカウトされデビュー)
■工藤静香 (1984年特別賞⇒おニャン子クラブ)
■国生さゆり(1984年特別賞⇒おニャン子クラブ)
■渡辺美里 (1984年歌唱賞⇒歌手デビュー)
■渡辺満里奈(1984年地区予選落選⇒スカウトされデビュー)


など、なかなか多彩ぴかぴか(新しい)な顔触れですよねわーい(嬉しい顔)

1984年は応募者だけで18万人もいたそうですが、さすがにその中で残った人は相当にぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)るものがあったんでしょう。だからこそ、その後も芸能界で生き残れたのでは?

これからもミスセブンティーンのオーディションには目目が離せませんわーい(嬉しい顔)

セブンティーン オーディション

ミスセブンティーンのオーディションで歌う

ひらめきミスセブンティーンには、過去様々な有名人がオーディションチャレンジパンチしています。

その中でも異色なのが渡辺美里さんですね。

渡辺美里さんは1984年のミスセブンティーンに出場していますが、それまでは特に芸能活動をしていたわけでもなく、普通の高校生として陸上部の部活などをしていたそうです目るんるん

ただ、歌手カラオケにはなりたかったようで、バンドを組んだりなどの活動はしていたとのことるんるん好きなジャンルはバリバリのロック眼鏡で、特にパンクなどにも興味を持っていましたカラオケ

ミスセブンティーンのオーディションには、たまたま読んでいたセブンティーンに告知が載っていたので気楽な気持ちで応募したところ、本選まで残ったんですねわーい(嬉しい顔)

この1984年のミスセブンティーンは、今でも活躍している芸能人が結構出ていまして、グランプリは松本典子さんでしたが、特別賞には工藤静香さんや国生さゆりさんなども入っていますexclamation

そんな中で渡辺美里さんは「歌唱賞」というタイトルを獲りました。
ミスセブンティーンのオーディションにそんな賞はあったのかと思ったら、自己PRで歌った歌が素晴らしかったということで当日特別に作られた賞だったそうです。

あの歌唱力なら確かにどこへ出ても目立ったでしょうねexclamation×2

セブンティーン オーディション

ミスセブンティーンのオーディション出場者

ミスセブンティーンオーディションに出るには、まず自分で書類を用意して応募しなければ始まりません。

応募資格としては

■12歳から18歳までの女の子■身長制限はありません

たったこれだけですから、ドンドン応募したらいいですよひらめき

最近のオーディション出場者のプロフィールを見てみると、ド素人の女の子は非常に少なくて、ほとんどがどこかのモデル事務所や芸能プロダクションに所属しています。

セブンティーンサイドとしては、このオーディションをデビューとするまっさらな素人さんが欲しいと言うのが本音かもしれませんわーい(嬉しい顔)が、インターネットや携帯電話などで情報が溢れている今、そして1億総タレント時代と言われている現状では、どんな田舎に住んでいてもそんな女の子はほとんど見つかりませんもうやだ〜(悲しい顔)

また、どこかのプロダクションに所属していると、オーディションに対する傾向と対策を教えてくれますし、ポージングやボイストレーニング、マナー講習などもやってくれるので、ミスセブンティーンでも有利ひらめきになりまするんるんるんるんるんるん

ぴかぴか(新しい)初々しい魅力ぴかぴか(新しい)もなかなか捨てがたいんですけどね・・・わーい(嬉しい顔)

セブンティーン オーディション

ミスセブンティーンのオーディション

セブンティーンの公式オーディションとして、ミスセブンティーンは有名ですね。

芸能界ぴかぴか(新しい)トップモデル目を目指すティーンにとって、ミスセブンティーンというオーディションでぴかぴか(新しい)グランプリぴかぴか(新しい)を獲ることは、夢黒ハートと言うだけでなく成功への大きな入口exclamationでもあるのです。

実はこのミスセブンティーン、随分昔から行われていたオーディションで、初代グランプリは1971年の坂口良子さんでした。今の10代20代の方は名前を聞いてもピンとこないかも。今でもドラマなどで活躍しているキレイぴかぴか(新しい)な方です。

その後には、おニャン子クラブとタイアップして工藤静香さんや国生さゆりさん、渡辺満里奈さんらが賞を取ったり賞を取らなかった人もスカウトで芸能界入りしたりしましたわーい(嬉しい顔)

ここ数年でのミスセブンティーン出身者で、芸能界で結構活躍している人としては、木村カエラさんや鈴木えみさんあたりがメジャーでしょうか。

このオーディションをステップにしてメジャーになっていく女の子ハートたち(複数ハート)は、これからもたくさん出てくるでしょうねるんるんるんるん

セブンティーン オーディション

セブンティーン オーデションは芸能界の登竜門!

雑誌セブンティーンで、誌面に登場する専属モデルは「STモ」と呼ばれています。

STモは一般公募のオーディション、ミス・セブンティーンで選出されたり(一般公募ではあるがモデル事務所に所属している者も多いようです)、モデル事務所からの編集部への売り込みなどで決まりますわーい(嬉しい顔)

その一方で、セブンティーンは10代少女向け雑誌のため、20歳近くになったモデルは卒業というかたちをとります。

セブンティーンを卒業したモデル達は、引き続きモデルやタレントとして活躍する人も多く、芸能人の登竜門のようになっているこの頃でするんるんるんるんるんるん

ミスセブンティーンは2007年度に関して言えば、5000人以上の応募者者のなかから一人選ばれるわけですが、最終の20人に絞られると雑誌紙面上やネット上で投票が行われ、最終的に選出されるようですね。オーディションはなかなか狭き門で、選ばれた子はやはりそれなりの輝きを放った子・・・ということなんでしょうねひらめき

スタイル、バランスなど昔のモデルさんのように背が高いとか、細いということではなく、なんとなく透明感のある、きらりと光るタイプの子が選ばれているような気がしますね目るんるん


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。